Twitchを広告なしで視聴する方法まとめ【無料・有料】

2018年にTwitchの規約が変更になってPrimeユーザーでもサブスクライブしていないチャンネルでは広告が流れるようになってしまいました。

Twitch Primeが改悪!?主な変更点と広告なしで視聴する条件をまとめ

2018.10.19

Twitchを普段から視聴している人なら理解してくれると思うんですが、Twitchの広告はYouTubeが5秒スキップや長くても15秒なのに対して、1本あたりの時間が最低でも30秒ほどあってスキップできません。

しかも広告の種類が少ないので何回も同じ広告を目にすることになります。

他にも配信中のチャンネル内の音量よりはるかに大きい音が流れてビックリすることがあります。

広告の流れる頻度はそんなに高くなかったんですが、2021年10月頃からサブスクライブしていないチャンネルを開くとほぼ100%広告が流れるようになっています。

どうやら、Twitchではチャンネルごとに流れる広告量が決まっているらしく、普段見ていない配信では広告が全然消化できていないため高確率で広告が流れるようです。※公式では一切そういった発表はされていませんが、配信者のStylishNoobさんがリスナーの広告が多いというコメントに対してこのような返答をしていました。

そこで、Twitchの広告でお悩みの人に広告なしで視聴する方法をまとめました。

Twitchを広告なしで視聴する方法3つ

広告なしで視聴するには有料のものと無料のものがあります。

Twitch Turboに加入するのが1番手っ取り早い

1番確実で手っ取り早いのがTwitch Turboへの加入です。Twitch Turboに加入すれば全チャンネルで広告なしで視聴が可能になります。

Twitch Turboは有料サービスで、毎月8.99$(税込で9.89$)の料金がかかります。

Twitch Turboのメリットは広告なしで視聴以外にもチャット欄でのユーザー名の色を変えられたり、専用のバッジがもらえます。(必要かどうかは別として……)

正直広告なしで視聴するために毎月1,100円ちょっとは高いと思います。ゲーム配信サイトではありませんが、HuluやNetflixとそんなに変わらない金額なのでちょっと気がひけます。

ただし、これが一番安全確実に広告なしで視聴する方法になるので、毎日Twitchを見る人にとっては1日40円程度の出費と考えればなんとか納得できるかなと……

Twitch Turboの支払いはサブスクライブと同様にクレジットカードからPayPal、ウェブマネーや携帯キャリア決済やコンビニ払いと幅広く対応しています。

特定チャンネルを頻繁に見るならサブスクライブをする

もし視聴するチャンネルがほぼ固定されているならサブスクライブがおすすめです。これならPrime Gamingでの無料サブスクでも対応できます。

ただ、広告なしで見ようと思ったらチャンネル数×600円になってしまうので、色んなチャンネルを見る人には向いてません。

2つ以上サブスクライブする予定ならTwitch Turboに加入した方が安く済みます。

実際に私もメインで見る配信者はほぼ決まっていますが、Twitchでは色んなゲームの大会配信もしているので、その大会のためだけにサブスクは流石にもったいないなと思ってしまいます。

アドブロックソフトを使う

個人的にはおすすめしません。Twitchが今回の規約変更は収益のためにPrimeでの広告表示を始めたので、広告が流れないとお金も流れません。

数年前とYouTubeメインで活動している配信者もTwitchに参入してきており、トラフィックが増えてサーバー代も増えていることが容易に想像できます。

アドブロックソフトの利用は最終的にTwitchというサービスが維持できなくなってしまうリスクがあります。たかがユーザー一人がと思われるかもしれませんが、塵も積もればというやつです。

また、Twitch側でアドブロックソフトを検知するシステムがあるので、検知されると再生がカクついたり止まったりします。そのため、アドブロックソフトに加えてアンチアドブロックキラーソフトをインストールする必要が出てきます。

Twitch側が未対応のアドブロックソフトを探すいたちごっこをずっと続けることになるので、そこまで労力をかけるならTwitch Turboにお金払った方が建設的だと思います。




31日間無料おためし
Prime Gaming

・毎月お好きなチャンネルのサブスクライブ1つ無料
・プライム会員限定のゲームスキンプレゼント
・無料で月5本以上ゲームがもらえる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です