動画配信サービスの4K対応状況は?作品数や必要なネット速度を解説

フルHDの4倍細かい映像表現ができる4K(UHD)。2016年ぐらいから4K対応作品の配信が始まり、これからどんどん普及していくことが期待されます。

このページでは各動画配信サービスの4K対応作品の配信状況についてまとめました。

4K対応作品を視聴するには映し出すテレビやモニターも4K対応製品である必要があります。また、テレビにChromecastやFire TVで繋いで観る場合は4K対応のChromecast UltraやFire TV(Fire TV Stickは非対応)で観ないといけません。

動画配信サービスの4K対応状況

動画配信サービス4K対応状況
Hulu×
dTV
U-NEXT
Netflix
Amazonプライム・ビデオ

対応状況を△にしたのには理由があります。Netflixが4K対応作品を200本以上配信するぐらいで後は10本前後となっています。

Huluの4K対応作品

Huluはアメリカ本国では4K対応作品を配信していますが、残念ながら日本では1080pのフルHD画質までしか配信されていません。

dTVの4K対応作品

  • アフター・アース
  • アメイジング・スパイダーマン
  • エリジウム
  • 2012
  • バイオハザードIV アフターライフ
  • 裏切りの街
  • 銀魂 -ミツバ篇-
  • 絢香レインボーロードTOUR 2015-2016 “一夜限りのMemorial Stage” 秘密の裏メニュー発動!!~道は続くよ~ Digest <4K>
  • 愛してるのに、愛せない
  • さよならの前に
  • LOVER
  • Lil’ Infinity

映画は5作品、dTVオリジナル作品が2つ、あとは綾香のライブ映像とAAAのPVだけです。

4K対応作品は少ないですが、dTVでは4K作品でも視聴に追加料金はかかりません。

ちなみに4K作品はストリーミングのみでダウンロードすることはできません。

U-NEXTの4K対応作品

PPVで配信されているNHKオンデマンド内のコンテンツが4Kで楽しめます。

NHKオンデマンドは月額制の見放題なら月972円、1本ごとの3日間レンタルのPPVなら216円となっています。

Netflixの4K対応作品

Netflixで4K対応作品を視聴するには料金プランを月1,450円のプランにする必要があります。950円や650円のプランでは4K作品は視聴できないので注意です。

高品質のNetflixオリジナルのドラマや映画は基本すべて4K対応となっています。また、歴史に残る名ドラマであるブレイキング・バッドも4Kで観られます。

Netflixで検索窓に「4K」もしくは「UHD」と打ち込めば対応作品が出てきます。

他のサービスが10作品前後のところ、Netflix全体で200作品以上が4K対応となっているのでかなり充実しています

Amazonプライム・ビデオの4K対応作品

  • バトルシップ
  • ミッション:インポッシブル/ ゴースト・プロトコル
  • ヴァチカン美術館 天国への入口
  • 東京アリス
  • 徳山大五郎を誰が殺したか?
  • レッド・オークス
  • 日本の四季
  • Mini Documentary : Pubs In Decline Whilst Coffee Shops Boom
  • Planet Patagonia – Beauty of Nature with Relaxing Music
  • The High Sierra
  • RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅
  • ryce Canyon Relaxation | 1 Hour Therapeutic Nature + Music Video

Amazonプライム・ビデオでは映画が2作、ドラマが3作で他は風景作品になります。合計で12作品とまだまだラインナップはさびしいです。

最初に少し書きましたが、テレビのHDMI端子に繋いでプライム・ビデオが観られるAmazonのFire TVは安い方のStickでは4Kに対応していません。

2017年10月25日に発売される新型のFire TVなら4Kにしっかり対応しています。また、価格も旧型より安くなって8,980円とStickの4,980円との差が小さくなりました。

4K作品をストリーミング視聴するのに必要なネットの速度はどれくらい?

HDの4倍きれいな4K作品では情報量も比例して増えるため、止まることなくスムーズに再生するためのネット速度も変わってきます。

最低でも15Mbpsは安定して出ていないと満足に視聴することはできません。Netflixは公式サイト上で25Mbpsを推奨速度として挙げています。

マンションなどの集合住宅では混雑する時間帯によっては10Mbpsを切ることもザラにあります。

4K動画を楽しむためにはテレビやFireTVなどのデバイス以外にネット環境も重要です。

動画配信サービスを快適に利用するためにおすすめのネット回線特集

2017.11.21

まとめ:動画配信サービスの4K対応はまだまだこれから

Netflixが一歩リードしているとはいえまだ200作品程度です。他のサービスに限っては10作品ほどなのでまだまだこれからです。

また、自宅のネット環境が悪いと快適に視聴することはできません。ちなみに、4K作品はダウンロード不可です。

4K以外にもHDRというより高精細に明るさを表現できる技術も注目されています。こちらもまだNetflixとAmazonプライム・ビデオの一部が対応しているぐらいです。

これから対応作品が増えていくことを期待します!




31日間無料おためし
dTV

12万作品以上が月500円で見放題です。さらに、無料おためし期間も31日と長いのでおすすめです。







2週間無料
Hulu

独占配信の海外ドラマを2週間無料でおためしできちゃいます。他にも日テレ系TV番組の見逃し配信があります。









31日間無料おためし
U-NEXT

初回入会時にPPV作品や電子書籍に使える600円分のポイントがもらえます。また、毎月1日は1,200ポイントが自動でもらえます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です