動画配信サービスを再生可能デバイスで比較

PCやスマホに限らず色々なデバイスで動画をみることができますが、サービスによって再生可能なデバイスが異なります。ここでは再生可能デバイスと動画配信サービスを表にしてまとめました。

動画配信サービス再生可能デバイス表

デバイスHuluU-NEXTNetflix
PS4
PS3×
Vita
Xbox360×
XboxOne××
WiiU×
Wii×
3DSLL/3DS××
AppleTV×
Chromecast
FireTVStick

Huluが一番再生可能なデバイスが多いです。ただ、DSでみることを除けばNetflixもほぼすべてのゲーム機でみられます。U-NEXTは正直PS4やXbox360ぐらいは対応しておいてくれよってレベルです…

テレビでみることを目的にゲーム機でみられるか調べられてる方がほとんどだと思いますが、万が一ゲーム機が対応していない場合でも、ChromecastやFireTVStickをテレビに挿して使えばみることができます。※テレビ側にHDMI端子がついてることが大前提になります。ちなみに両方とも4,980円です。

テレビでみる場合のはChromecastとFireTVStickどっちがいい?

一番の違いはAmazonプライムビデオが対応しているかどうかです。プライムビデオはAmazonのプライム会員なら無料で動画がみられるサービスですが、Chromecastでは残念ながら非対応となっています。

私は最初Chromecastを使っていましたが、プライムビデオのサービスが始まったことでFireTVStickに乗り換えました。レスポンスも使い勝手も正直変わらないので、プライム会員なら迷うことなくFireTVStickをおすすめします。




31日間無料おためし
dTV

12万作品以上が月500円で見放題です。さらに、無料おためし期間も31日と長いのでおすすめです。







2週間無料
Hulu

独占配信の海外ドラマを2週間無料でおためしできちゃいます。他にも日テレ系TV番組の見逃し配信があります。









31日間無料おためし
U-NEXT

初回入会時にPPV作品や電子書籍に使える600円分のポイントがもらえます。また、毎月1日は1,200ポイントが自動でもらえます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です